ホーム > プログラム

プログラム

今大会のプログラム概要を掲載いたします。PDF版はこちら。
大会のタイムテーブル(PDF)も合わせてご覧ください。

8月26日(土)

8月27日(日)

両日共通

2017年8月26日(土)

11:00-12:00受付
12:00-12:15大会ガイダンス・開会式
12:15-12:25

ごあいさつ

松井 一郎(枚方市立中央図書館副館長)
12:25-13:25

記念講演 系統的文献検索とシステマティック・レビュー ―図書館員の役割を考える―

講師:諏訪 敏幸先生(大阪大学大学院人間科学研究科・国立成育医療研究センター政策科学研究部共同研究員)
抄録
13:35-14:55口頭発表A(O-01~04):医療の実践と図書館
 モデレーター:青木 裕子(天理よろづ相談所病院医学図書館)
 タイムキーパー:伊藤 さよ子(大阪歯科大学図書館)
 O-01

慢性疾患患者の受容とQOL向上に対して図書館員ができること

岡田 智佳子(認定NPO法人大学図書館支援機構)
抄録
 O-02

看護師の情報行動分析の一例-看護研究入門者の看護師と認定看護師教育課程学生の差異から-

福武 亨(愛知医科大学総合学術情報センター)
抄録
 O-03

インフルエンザ脳症診断前に認められる症状の表現

福田 さき子(筑波大学)、岩澤 まり子(筑波大学)
抄録
 O-04

すべての子どもを支える図書館へ-長崎市立図書館の小児医療に関わる取り組みと今後の課題-

黒岩 綾香(長崎市立図書館)
抄録
15:05-15:50プロダクトレビュー [E-01~E-07]
15:50-16:25ポスターセッション
16:25-17:45口頭発表B(O-05~08):図書館におけるサービスの評価
 モデレーター:土屋 祥子(神戸大学附属図書館医学分館)
 タイムキーパー:吉原 理恵(大阪府済生会中津病院図書室)
 O-05

LibQUAL+(r)を用いた図書館サービス評価-聖路加国際大学の事例-

佐山 暁子、河合 富士美、松本 直子、佐藤 晋巨、及川 はるみ、金澤 淳子、藤田 寛之、新沼 久美、薮 純夫、廣瀬 清人(聖路加国際大学学術情報センター)
抄録
 O-06

東邦大学医学メディアセンターFacebookページの運用と評価

村上 千晶(東邦大学医学メディアセンター)、大谷 裕(東邦大学医学メディアセンター)
抄録
 O-07

公共図書館での健康・医療情報サービスにおける免責事項掲示への疑問―公共図書館での事例からみえてきたあるべき姿への提言―

西河内 靖泰(広島女学院大学,全国肝臓病患者連合会)、石井 保志(健康情報棚プロジェクト)
抄録
 O-08

公共図書館のがん情報サービスの課題-提供する資料・情報の視点から(第1報)

磯部 ゆき江(日本図書館協会)、佐藤 正恵(千葉県済生会習志野病院図書室(JHIP上級))、三輪 眞木子(放送大学)
抄録
17:55-18:35プロダクトレビュー [E-08~E-13]
18:40-20:00懇親会

▲top

2017年8月27日(日)

9:00-9:30受付(2日目から参加する方のみ)
9:30-11:00参加者企画(F-01)
 F-01

メディアドクター in 関西:著名人のがん報道をどう報じるか-情報の受け手と伝え手の視点を考える-

企画提案者:メディアドクター研究会
渡邊 清高(帝京大学)、北澤 京子(京都薬科大学)、佐藤 正惠
抄録
11:10-12:30口頭発表C(O-09~012):学術情報の活用
 モデレーター:志茂 淳子(和歌山県立医科大学図書館紀三井寺館)
 タイムキーパー:田中 律子(滋慶医療科学大学院大学図書館)
 O-09

研究データ管理のためのオンライン教材について

尾城 孝一(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター)、西薗 由依(鹿児島大学学術情報部)、天野 絵里子(京都大学学術研究支援室)、大園 隼彦 (岡山大学附属図書館)、前田 翔太(北海道大学附属図書館)、三角 太郎(筑波大学附属図書館)、南山 泰之(国立極地研究所)、山地 一禎(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター)
抄録
 O-10

科学系研究者が利用するデータベースの使用実例-データベース、いつどうやって使う、習う?-

片野 泰代(関西医科大学 医化学講座)、伊藤 誠二(関西医科大学 医化学講座)
抄録
 O-11

病理情報のデータベース化-会議録を活用した病理学的情報の集約-

中西 陽子(日本大学医学部病態病理学系腫瘍病理学分野)、佐藤 永(日本大学医学部病態病理学系腫瘍病理学分野)、原 一貴(筑波大学情報学群知識情報・図書館情報学類)
抄録
 O-12

参考文献から見たUpToDateとDynaMed Plusの違い

大瀬戸 貴己、鈴木 孝明(奈良県立医科大学附属図書館)
抄録
13:30-14:00ポスターセッション
14:00-15:20口頭発表D(O-13~016): 学術情報の分析
 モデレーター:鈴木 孝明(奈良県立医科大学附属図書館)
 タイムキーパー:石川 陽子(藍野大学中央図書館)
 O-13

国内医学部における,学内刊行誌・紀要誌の計量的分析-Open Access Journalとしての現状-

城山 泰彦(順天堂大学学術メディアセンター)
抄録
 O-14

実験材料の引用に基づく機関影響度の計測

天野 晃(理化学研究所)、角田 裕之(鶴見大学)、石川 大介(神奈川県立病院機構)、水野 澄子(理化学研究所)、柴田 大輔(東邦大学)
抄録
 O-15

「ハゲタカ」雑誌や偽学会から研究者を守る電子メール受信拒否の方略

渡辺 淳(関西医科大学大学情報センター)
抄録
 O-16

臨床医学雑誌にみる引用傾向の分析

児玉 閲(東邦大学医学メディアセンター)
抄録
15:20-15:40事務連絡・閉会式・集合写真撮影

▲top

両日共通

 ポスターセッション
P-01

日本におけるシステマティックレビューのBibliometrics:2015年発行誌の医中誌Webデータより(仮)

眞喜志 まり(東邦大学習志野メディアセンター)
抄録
P-02

公共図書館向け「ヘルスリテラシー関連図書パッケージ貸出」(第1報)

赤石 知香(青森県立保健大学附属図書館)、山田 奈々(青森県立保健大学附属図書館)
抄録
P-03

大和市立図書館における新たな健康情報サービス-健康コーナー,健康テラスの事業を例に-

石井 夏世(大和市立図書館(株式会社図書館流通センター))、柴田 みゆき(大和市立図書館(株式会社図書館流通センター))
抄録
P-04

利用統計活用例-メディカルオンライン

伊藤 友香(湘南藤沢徳洲会病院医学情報センター)、清水 麻紀(藤沢市民病院図書室)、和気 たか子(藤沢市民病院図書室)
抄録
P-05

病院図書室と県立図書館との連携-地域の医療者や一般市民へ、病院図書室ができること-

深谷 里子(埼玉県済生会栗橋病院)
抄録
P-06

済生会図書室連絡会における学術・情報支援と連携―済生会のスケールメリットを生かして(第2報)

高崎 千晶(済生会川口総合病院 医療秘書課図書室)、相澤 まゆみ(東京都済生会中央病院 医療情報センター図書室)、相澤 康惠(済生会横浜市東部病院 人材開発センター図書室)、石井 恵(群馬県済生会前橋病院 病歴管理図書室)、佐藤 正惠(千葉県済生会習志野病院 総務課図書室)、番場 絵里子(水戸済生会総合病院 図書室)、深谷 里子(埼玉県済生会栗橋病院 総務課図書室)、吉原 理恵(大阪府済生会中津病院 事務部長室図書室)
抄録
P-07

済生会図書室連絡会のウェブサイト作成について

石井 恵(群馬県済生会前橋病院 病歴管理・図書室)、相澤 まゆみ(東京都済生会中央病院 医療情報センター図書室)、相澤 康惠(済生会横浜市東部病院 人材開発センター図書室)、佐藤 正惠(千葉県済生会習志野病院 総務課図書室)、高崎 千晶(済生会川口総合病院 医療秘書課図書室)、番場 絵里子(水戸済生会総合病院 図書室)、深谷 里子(埼玉県済生会栗橋病院 総務課図書室)、吉原 理恵(大阪府済生会中津病院 事務部長室図書室)
抄録
P-08

一般対象のヘルスリテラシー教材プラン

宮本 孝一(東京都健康長寿医療センター 老年学情報センター)
抄録
P-09

高齢者を対象にした健康情報サービスの特殊性

宮本 孝一(東京都健康長寿医療センター 老年学情報センター)
抄録
P-10

ハンセン病施設の患者図書館論

宮本 孝一(東京都健康長寿医療センター 老年学情報センター)
抄録
P-11

出力重視・出力支援:情報出力のための情報入手

宮本 孝一(東京都健康長寿医療センター 老年学情報センター)
抄録
 プロダクトエキシビジョン
【 展示+プロダクトレビュー(発表順) 】
E-01NPO医学中央雑誌刊行会抄録
E-02株式会社紀伊國屋書店抄録
E-03株式会社医学書院抄録
E-04iJapan株式会社抄録
E-05株式会社メテオ抄録
E-06ユサコ株式会社抄録
E-07株式会社サンメディア抄録
E-08株式会社ウォルターズ・クルワー・ヘルス・ジャパン抄録
E-09オックスフォード大学出版局株式会社抄録
E-10丸善雄松堂株式会社抄録
E-11EBSCO Information Services Japan 株式会社抄録
E-12Springer Nature抄録
E-13ワイリー・ジャパン株式会社抄録
【 展示のみ 】
E-14富士通株式会社抄録
E-15株式会社 南江堂抄録

▲top